総量規制が例外となるのは?適応外となるとどんなメリットが?

総量規制が例外となるのは?適応外となるとどんなメリットが?

 

消費者金融やカードローンの案内を見ると、総量規制という言葉が目につきますよね。

 

個人が金融機関からお金を借り入れる場合に、このルールが適用されるのですが、なかには除外や例外となることがあります。

 

総量規制とは?

過去に多重債務に陥ってしまう人が多かった為、「個人がお金を借り入れる場合には年収の3分の1以内とする」という法律が定められました。

 

この法律により、借入出来る金額が制限されています。

 

総量規制の例外となる場合がある

総量規制には、いくつか含まれないものがあります。

 

@銀行のカードローン
総量規制に該当するのは、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者であり、銀行はこのルールの対象とはなりません。

 

Aクレジットカードのショッピング枠
クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠がありますが、キャッシングはお金を借りることになりますから総量規制の対象になります。

 

しかし、ショッピング枠は適用外となるんです。

 

Bビジネスローンは含まれない
カードローンには、個人向けの商品と個人事業主向けの商品があります。

 

個人向けのカードローンは総量規制の対象になりますが、個人が事業資金として借り入れる場合には対象とはなりません。

 

この他にも、自動車ローンや住宅ローンといったものも総量規制の適用外となっています。

 

お金を借り入れる際には、収入の申告をしなければいけませんが、1社から借入額が50万円以上となる場合には収入証明書の提出が必要です。

 
トップへ戻る